関東発の富士山五合目までのアクセス方法

  • 富士山への登山は関東発のツアーを使うと便利

    • 富士山は残雪による影響が無い場合は、例年だと7月1日から一般の登山客の入山が可能となっており、個人で来る方や少人数のグループで訪れる以外には旅行会社が主催するツアーによる参加者もいます。

      富士山の登山情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

      旅行会社が主催する関東発ツアーは、東京駅や新宿駅付近を集合地として出発するバスに乗り、山梨県側の吉田口・静岡県側の富士宮口の各5合目に到着してから登山を開始します。吉田口はアクセスの良さ・山小屋の数・登りやすさといった利点があるので、富士山登山者の半数以上を占めていますが、3776mの剣ヶ峰が近いのは富士宮ルートである点は予約の際に頭に入れておきましょう。

      関東発・山小屋に1泊するプランを予約した場合のスケジュールは、6時台・7時台にターミナル駅近くを出発し、午前中には5合目に到着して登山装備に着替えて高い標高に慣れてから登山開始となります。



      バスツアーを使った場合は専属登山ガイドが付く事が多いので、初めての富士山登山であっても高山病や怪我になる確率が低くなりますので、登山未経験の方や長時間の登山で不安のある方はガイド付きを予約する事をおすすめします。ガイドは下山時も共に行動してもらえる事から、帰りも無理の無いスピードで下山が出来るでしょう。



      関東発バスツアーの帰りは、山梨県内の温浴施設で入浴が可能となっているプランが多いので、体の汚れを落としてから帰宅する事が出来ます。


      荷物はやや嵩張りますが、着替えや入浴セットを持って行く事を忘れないようにしましょう。

top